インスタントから夏のボーナスキャンペーンのお知らせです!

6月も残り数日。皆さんお楽しみの夏のボーナスシーズンが到来しました!今年はインスタントからも普段からスケートを頑張るスケーターの皆様に夏のボーナスをプレゼントっという事で、夏のボーナスキャンペーンのお知らせです!!

2016.06.28.1
6月28日~7月10日の期間内に対象のスケートボード関連の商品(デッキ、トラック、ウィール、ベアリング、パーツ類など)をご購入されましたお客様全員にインスタントからの皆様へ夏の特別ボーナスとして1ヶ月間有効の10%OFFクーポンをプレゼントいたします!この機会に欲しかったパーツをゲットして、次のお買い物でお得に買い物ができるクーポンをゲットしちゃってください!何かご不明点がありましたら各店舗スタッフまでお気軽にお問い合わせください!

 

2016.06.28.2
梅雨が明けたら、絶好のスケートボードシーズンです!そこでインスタント全店ではこれから親子でスケボーを始めようとしている方を全力でサポート!6月28日~7月10日の期間内に店頭でスケートボードを2台ご購入いただくと、なんとスケートボード2台が10%OFF!しかもメンテナンスなどに必要不可欠なスケートツール(工具)もプレゼントいたします!または、スケートを始めると使用する機会が多くなるヘルメットを一つプレゼント(当店指定)に変更も出来ます!ツールももらえて10%OFFでスケートボードを2台購入するか、スケートボードを2台購入してヘルメットを1つもらうかはあなた次第!この機会にお得にスケボーを始めてみませんか?インスタントはそんな親子を応援します!

本日も12時より営業を開始致しますので、皆様のご来店をお待ちしております!

飲み過ぎ3DAYS。笑

こんばんは、クリです。ここ数日は天気が良かったですね!今日もすごく暑くて梅雨開けちゃったんじゃないの?って気もしましたが火曜、水曜、木曜でどうやら天気がまた悪くなるみたいですね。今週はNIKE SBの新入荷が沢山ありますので、まずは新入荷のご紹介~

NIKE SBからスケートには絶対調子良さそうなシューズが入荷しております!こちらKOSTON HYPERVULCというニューモデルが入荷です!カラーはの2色。VULCというとシューズ自体が重く、クッションはあまりないというイメージが強いと思われますが、こちらのKOSTON HYPERVULCは今までのVULCのイメージとは全く異なり、シューズ自体も軽く、インソールもかなり分厚いインソールが入っておりクッション性も良さそうです!VULC好きのスケーターはもちろん、VULCが苦手といったスケーターの方にも1度履いて頂きたい1足です!インソールが分厚くてちょっとなーっという方はFPインソールなどの自分の気に入っているインソールを使ってみるのも1つの方法ですね!!
IMG_2709

IMG_2710

またKOSTON HYPERVULCの他にもEric Kostonの最新シグニチャーモデルであるKOSTON3の新色のグレーブラックが入荷しております!足首部分がすごく気になってしまうのかと思いきや、自分が試着した感想は締め付けられてる圧迫感や固定感は全然ないです!また何名かの方に直接素足で履けますか?といったご質問を受けましたが、シューズの中は他のシューズと変わりませんので靴下は履いてください。笑 次はこのシューズを履いて滑ろうかと思ってます。
IMG_2626

スケートには抜群の調子良さを誇るDUNK LOW PRO IWの新色も入荷してます。本当に沢山のスケーターの方からめちゃ調子良いという感想を聞いているので、ずっと気になってたスケーターの皆さんはもちろん、2足目、3足目っという勢いで続けて履きたいといった方もお早めにお願いします!カラーもブラックガムでどんな服装にもバッチリ合うカラーリングなので、普段履きでもオススメですよ!
IMG_2711

久しぶりのBLAZER LOW GTALL COURT CKも入荷しております!どちらもオシャレなカラーリングで是非ショーツと合わせて涼しく履いて頂きたいですね!BLAZER LOW GTはスエードなのでスケートでも履けちゃいます!ALL COURT CKはキャンバスとなっており、この暑い時期はスエードのシューズよりも涼しく快適に履けちゃいますよ!!
IMG_2712

シューズの他にもキャップとTシャツが入荷してます!Dri-FIT MOUSE TEEREVERSIBLE 5 PANELは同じデザインとなっております。キャップはリバーシブルで、気分に合わせてデザインを選べちゃいます!Tシャツはバックプリントと左胸のワンポイントのデザインですが、左胸はプリントではなく刺繍となっております。
IMG_2727

AGAY1749

Dri-FIT TO SIX TEEや定番のICON SNAPBACKSURPLUS beanieも入荷しております!Dri-FIT TO SIX TEEはの2色があり、MOUSE TEE同様にDri-FIT素材なのでこの暑い時期に快適に着る事ができます。着心地といい速乾性といい、非常に着やすいです!
IMG_2729

IMG_2722

以下のシューズは7月1日発売のモデルです!発売までお楽しみに!!
image1

雑誌も各種入荷してます!THRASHER 2016.7月号the skateboard Mag ISSUE 149°JUXTAPOZ 2016.7月号が入荷でございます。THRASHERはフリーステッカーシート付きです。adidasのAWAY DAYSのステッカーとか絶対に売ってなさそうなので、毎回思うんですがステッカーシートのステッカーってちょっとレアですよね。笑 アキラ君の投稿でもありましたが、今回のTHE SKATEBOARD MAGの特集記事「NEXT NEW WAVE」は本当にスゴイです!日本から堀米雄斗が世界中のスケーターと共に特集されていることはもちろん、デッキやウィールのセットアップも小さく載ってるのが個人的にはかなり面白かったですね。ROWAN ZORILLAは8.5インチだとか、DIEGO NAJERAは8.25インチだとか、詳しくはお近くのインスタントでチェックしてみてください!
IMG_2746

新入荷は以上です。ここからは僕の最近の近況でーす。笑 タイトルの通り、この前の木夜、金夜、土夜って感じで色々な人とお酒のセッションをしました。笑 木曜日は吉祥寺ストアのサトル店長のパパになったお祝いがありました!吉祥寺ローカルの皆さまが企画してスゴイ面白い飲み会でした。僕は吉祥寺ストアの仕事終わりに顔を出した程度でしたが、たっぷり飲ませて頂きました。笑 帰りの電車はトイレが我慢できず御茶ノ水駅の乗換の2分間で慌ててトイレに行った事は言うまでもありません。笑
IMG_2660

金夜は友達の働いてる焼肉屋が6月末で移転という事で最後に食べに行ってきました!ここは〆のプルコギとプルコギの肉汁で炒めるうどんが絶品で、食べて飲んだ後でも別腹でペロッと食べれるほど美味いです。美味しい焼肉も食べれて、ビールも飲みまくって、2軒目でもたくさん飲んで、家に帰ってもコンビニのクラフトビールを飲んでっという感じで、翌日は二日酔いでした。笑
IMG_2675

IMG_2679

土夜は小岩の「SHISHIBONE」にてinstantsのカツミさんが手がける身につけるskateboard‬『‎authentic‬』の展示&販売会が開催されておりましたので、浦安ローカルをはじめとする多くのスケーターの皆さんとお酒のセッションをしてきました。笑 カツミさんは当日の朝まで準備をしていたそうで、2日間お疲れ様でした!!ピアスやネックレス、指輪などプレゼントをしたらかなり喜ばれそうなアイテムばかりなので、僕も誰かにプレゼントを渡すときはカツミさんにお願いしたいと思います!千葉ストアのダイちゃんも店が終わってから来たりと夜遅くまでだいぶ盛り上がりました。笑
IMG_2695

そんな感じで、僕の近況は梅雨で思うように滑れず、お酒を飲み過ぎて激太りな感じなので、スケートの方も頑張りたいところです。笑 現在、インスタントでは雨が降っていたらセールを除くTシャツ、キャップ、パンツなどのアパレルが全品10%OFFで購入する事ができるお得なキャンペーンも開催中ですので、雨が降っていたらスケートビデオを見に、アパレルをチェックしに皆さまのご来店をお待ちしております!ではでは!
earlysummersale2_small

7月1日(金)発売 NIKE SB DUNK&JANOSKI HYPERFEEL

NIKE DUNK HIGH PRO SB 305050-610 ¥13,000円+税
NIKE STEFAN JANOSKI HYPERFEEL 844443-001 ¥12,500+税
NIKE STEFAN JANOSKI HYPERFEEL 844443-006 ¥12,500+税
NIKE STEFAN JANOSKI HYPERFEEL 844443-401 ¥12,500+税
image1
※販売足数、入荷サイズ、発売前のご予約など販売に関する事前お問い合わせはご遠慮下さい。

朝靴下履く辛さ

おはようございます。

何でもいいっしょとか言いつつ細かい俺です。今回は俺の大好きなレイノルズ固めのセッティング。狙ったわけじゃないんですけど組んでったらこうなった。板は前回と同様BAKER、トラックをVENTUREからINDYにチェンジ。VENTUREの時は、ホイールベース短めの板を狙って使ってたんですがBAKERにしてホイールベース長くなってちょい叩きの感じが重くなったのでINDYに替えて帳尻を合わせようって作戦です。後もう二つ、俺がコンプリートを組む際に大事な事があります。まず1つはINDYのブッシュを青いやつに変える。俺が使ってるのはLOWなので今発売されているのはコニカルってたる型のやつだけ。シリンダーはLOW用では出てないんですよ。だけど俺はシリンダーが使いたいんです。コニカルは右に左に動きがクイックだけどシリンダーのどっしり感が好き。なので、下のブッシュを前回のから移植して使う事にしました。狙ったとおりの乗り心地で満足です。後もう一つはビスです。まじこんなんこそどうでもいいと思いますよね。俺もそう思います。だからこれは好きなライダーのシグネチャーモデルを使う!SJのHermanモデル。それで俺の最高の一枚が完成します。結局の所、自分が納得できる1枚は全部調子いいって事。
160624_2

撮影も佳境です。僕が今撮って頂いているUNITY POWER。なんとこの作品、次で「5」です。5作目。今までの作品では、赤熊寛敬や池ノ上慶太、林 秀晃、安田哲也などなど早々たるメンツに加え、山口昌久や天沼伸之などローカルスターも参加しています。そんでもって次は俺の番。色々な所連れて行ってもらいました。ウィールとデッキが一撃で終わるスケッチースポットやスケート天国と思える極上スポット。この写真のレールもやばい。2年以上やっているのでもう昔何メイクしたか記憶があやふやで俺自身作品が出来るのを楽しみにしています。俺のスケート人生初パートになります。instantsのウェルカムパートは撮影始めた瞬間足首やっちゃって数カットしか撮れませんでしたがCFCクルーのおかげでいい感じに仕上げて頂きました。あの映像のレギュラーのうまい人は金子次郎さんです。
160624_5

KVP渡辺さんも奮闘しています。
160624_3

店で働いているとデッキテープ張る技術はぐんと向上してきます。instant×woodentoyの板にはFホールが空いていてこれのデッキテープカットがまぁ難しい。調子いいナイフとかあれば別なんでしょうがうちの店にあるのはごつい百均のカッターナイフのみ。時間をかけて新調に刃を進めて行き。。。完成です。jessupはテープが薄いので切るときにぼろい刃だとくっついちゃって切りづらいので新品の刃に替えてーとか色々やってます。気持ちよく貼れました。
160624_1

夜はCFCの事務所に遊びに行ったりしています。この日はギター教室。4人いて全員がギター。俺は全然うまくないので一人で家でしこしこやっててもたいして面白くないけど皆で集まってやると気持ちいいもんですよね。あ、ChaosFishingClubの新作も近日中に入荷予定ですのでお楽しみ。おかげさまで全商品完売しています。入荷次第即ご報告致します!写真左側のギターもうまいはスケボーもうまいはのKVP代表渡辺さんがやってる「kinsfolk」も要チェックです。とうとうウェブショップも開設したので是非覗いてみてください。俺もピンズを愛用させてもらってます。一つ一つ手作りのオリジナル感がたまらない。
160624_7

浦安の祭りは大盛り上がりでした。翌日は皆天龍みたいな声になってた。インスタントには小さいパンクスもご来店。かっこいい!
160624_6

山口昌久手掛ける「ARTICAL」も新作が入荷しています!instantsの兄貴手掛けるアパレルブランドです。この商品はマサさんが一枚一枚セルフメイドで製作しています。欲しいサイズなどがありましたら受注生産も可能となっています。一週間ほどでお届けできますので店頭、またはお電話にてご連絡ください。電話される際は「浦安店」へお願いします!
160624_4

堀米雄斗がかましてくれました。THE SKATEBOARD MAGの新作が届いたのですが特集内容は「NEXT NEW WAVE」。あーこのまえ映像あがってたやつだなー、と思ってページをぺらぺらめくってたらいました。ガツンと見開き1ページ。まじで半端無い。俺と雄斗は中学校が一緒で年が離れてて関係は無いんですが俺の従兄弟が雄斗の一つ下で、そいつも同じ中学校通ってたんで聞いたんですよ。堀米雄斗って知ってるか?って。そうしたら、知ってるよ!スケボーうまい人でしょ。って。スケート界じゃ有名なのは当たり前だけど学校レベルでも有名なんだなーって思いましたね。そしたら次は世界レベル?痺れるね!
160624_8

スケートボードのコンテスト

コンテストシーズンが開幕しております。

スケートボードのコンテストって最近はどう見られているんですかね?僕はAJSAのコンテストMCをやらせてもらって20年くらいになりますが、はじめた当時と今のコンテストでは、参加する選手、スタッフ、セクション構成、なんか違いが大きすぎてどこがその変化の境界線なのか、とよく考えてますがハッキリとした境目がある訳でもなく、やはり「時代の流れ」ということなのでしょうか。AJSAの公式ページに1982年からのコンテストリザルツがありますのでお手すきの時にチェックすると色々流れがわかります。

コンテストシーンは80年代のコンテストシーン創世記からまずは最初のインフルエンサーのグループができます。アゴローちゃんやクリリンやディックマンやスラちゃんらが切り開いてきたシーンを土台に90年代になるとヨッピー、サトシ、アキーム、アキラ、ジェシーなどストリート育ちのライダー達がコンテストで結果を残していきます。スタッフもライダーも手探りで作り上げてきたシーンでした。スタッフは現地にキャンプ泊で会場でBBQをしていると、地方からヒッチハイクでやってきたライダー達が合流してくる、って熱い時代。この時代はスケートマーケット的には第二次ブームが下り坂になった頃。熟成したシーンからメディアを巻き込んでスターが生まれ、しばらくは彼らのうちの誰かがコンテストで勝つ流れ。メーカーや代理店もコンテストシーンを応援する気運があり、ライダー達はメーカーや代理店が出す営業車に乗り込んで、現地のスケート仲間の家に転がり込んでコンテストに参加するケースが多かった。94年くらいになるとブームは下火になり世の中的な煽りは減りつつも、本当にスケートボードが好きで続けてきたメンツ、そしてそれまでのシーンを変えていくだけのパワーがあるメンツがコンテストシーンに頭角を現します。それがNEWTYPEを中心としたいわゆる日本のnewschool世代。晋や徹や淳之介、関西ではハッシー、さかちゃん、アゴローちゃんやキャバ達がグッとシーンを支えておりました。その頃にはスタッフも相部屋でビジネスホテルに泊まれるようになりました。KIKS、早川ダイちゃん、ZIZOWや孝吉らも当時のシーンのキーマンでありました。九州ではアンギに藤武や中矢が居て、全国的にスケート的拠点がはっきりと存在して、街のインフルエンサーがローカルシーンをひっぱる構造でした。東京、大阪、福岡だけでなく、広島、名古屋、仙台、千葉などの都市でもシーンがかなり太くなってきた時代です。僕もAJSAのMCとして全国のコンテストに同行させてもらったことで、各地のシーンやライダー達と接することが多く、当時のシーンの盛り上がりは今とはまた別の熱い盛り上がりを感じました。インスタントではプロクラスでは慶太が、アマではアマちゃんやマサや中谷やカッツンが顔として全国のコンテストに参加して、数々のタイトルと成績を残してくれました。2000年あたりから少しメンツが変わってきます。大都市出身のライダー達に混じり、ここまでのシーンに影響を受けて、全国の色々な場所で研鑽を積んだライダーたちがコンテストシーンに現れます。また90年代中盤から後半のスター選手たちの後輩たちが先輩と一緒に代理店のバンに潜り込んでコンテストにやってくるようになります。さらに少し上の世代の復活組や重鎮が再度シーンにカムバックする流れもあって、これまでの同じメンツで順位を取り合う感じにちょっと変化が出てきました。今までシーンに出場しなかった選手たちが地方から集まり、キッズたちが成長してコンテストに照準を合わせたスキルを磨く。いつもコンテストに出れば必ず予選を突破していた選手たちが予選で敗退することも増えてきました。よりコンテストとしてのスタンスがハッキリとしてきた流れでした。ある人は「華がない」と言いました。またある人は「これでは実力は測れない」と言いました。個人的な感想になりますが、コンテストとはそもそもレギュレーションにのっとり、その枠の中で競うものです。色々なレギュレーションがありますが、AJSAで言えば5審3採。5人のジャッジの採点で最高点と最低点を省いた3名のジャッジの合計点がその選手の得点になります。スタッフ側としてはなるべく公平に、明確な基準を持ってコンテストを開催してます。なので、すべてのジャッジの採点がわかるようなリザルツを発表してますし、開催当日に悪天候やハプニングがあった場合も「より公平に」というところが判断基準になるケースがほとんどです。おっと脱線。

僕、いつかこの頃のメンツで「先輩クラス」のコンテストしたい。ビール飲みながらゲラゲラ笑って楽しめるコンテスト。いつかね。

ちょっとなにが言いたかったのかわからなくなってきましたが、コンテストへは「嫌な人は出る必要もない、来た人はレギュレーションを理解して自分なりの最高のパフォーマンスを狙う、そして全力で楽しむ」というスタンスで参加してもらえればと思います。参加選手はそれぞれに参加する意味や目標や価値観が違います。それ当たり前。下記にふれる先日の韓国のコンテストには日本からユリユリが参加しました。ユリユリのblogで語られるその思い。実のところ僕がコンテストシーンに参加させてもらった20年以上前から、コンテストに出場しよう、と思う選手の気持ちはずっと同じです。自分はどう評価されるのか、自分は自分を出し切ることができるのか、他の選手に比べてどうなのか、が最初のハードル。次には、どう滑ればいい評価を得られるか、ヤツに勝にはどうすればいいか、緊張にどう打ち勝つか、会場までの電車賃をどうするか、地方で寝る場所は見つかるか、とかが次のステップ。そして最終的には、僕はなんでコンテストなんかに出るのか、僕はどういう位置にいるのか、僕はなんで滑るのか、僕の役割はなんなのか、というところに到達します。そこからはフリースタイル。スケボー修行は一生終わりません。今も昔も選手は色々な考えでコンテストに臨みます。僕らスタッフも同じです。仕事を休んでジャッジにくる、家族や友人との約束よりコンテストを優先する、最先端の世界のシーンを理解してどうしていこうか考える。スタッフにしても色々な考え、スタンスでコンテストに臨んでいるのです。僕がコンテストに参加していく理由はそういう「場」がシーンに必要だと感じているから。スケボー屋なのもコラムとかblogとか書くのも、ライダーやローカルやお客さんをいっぱい巻き込むのも、すべてスケートボードに必要だと思っているから。まだまだスケートボードシーンの行く末を見続けたいのです。

あらら。前置き長いって。

最近では二つのコンテストに参加させていただきました。まずはこちら。elementが主催のMAKE IT COUNTであります。このコンテストは全国各地で開催される予選上位の選手を集めて、夏に行わる決勝戦で日本代表選手を選出し、バルセロナで開催される世界大会へ送り出そう、ってコンテスト。その関東予選が市川のUNION PARKで開催されたのです。今回はやっぱり上田の豪ちゃんにMCをお願いしました。豪ちゃんに会えるのもうれしいし、豪トークのクォリティーはハンパないです。「すべらない話」にスケーター枠で送り込みたい。ま、それはいいとして、スタッフの石井ちゃんにお願いして、普段よりかなり早めに鍵を開けてもらってスタッフ集合。今回はWEBの生中継なども入るので色々なスタッフが集まります。簡単な自己紹介から最後に豪から、ってことになりまして、豪ちゃん突然椅子に立ち上がり「じゃあ一本締めで!」と。これから始めるのにもう締めちゃう男らしさ。惚れました。豪ちゃん的には気合をいれる儀式だったのでしょう。今度から僕も真似します。
IMG_2142

どんなイベントもスタッフはバタバタであります。会場設営から音響セッティングや中継準備や進行確認などなど。今回のディレクターのGSM今井ちゃんも頑張っておりました。
IMG_2144

会場オープンから一瞬で選手達でいっぱいです。会場はそんなに大きくないので、もう練習時間のカオスっぷりがまたハンパないのです。
IMG_2145

こんな感じね。このスケジュールに合わせて進行させていくのがMCの真のスキルなのです。「しゃべりが立つ」とか「盛り上げる」とかは基本的な部分で、実はこのタイムテーブルに沿ってイベントを進行させていく、っていうのが大事なスキルなのです。普通はタイムキーパーやディレクターがいるのですが、コンテストの規模によっては完全にMC頼りなケースも多いのが現実であります。
IMG_2146

エントリー受付も一大事なのです。グループJAMなので、選手の組み合わせも非常に大事。公平に正確に出走順を決めていきます。
IMG_2149

今回は約80名の参加選手にお集まり頂き、エントリー手続きだけでもかなりヘビー目でした。
IMG_2150

会場内には協賛メーカーのブースなんかも出て、グッとお祭り感が高まります。気になる新製品もチェックできるのいいよね。
IMG_2151

さて、予選のスタートです。選手もギャラリーもグッと緊張感が高まる瞬間。
IMG_2155

今回、僕は音響スタッフとして参加しました。ミキサー見てると目がグルグルしてくる病ですが、なんとかこなせました。
IMG_2157

撮影隊長はHIDEちゃんですよ。もう世界を飛び回る人気フィルマーですからね。やっぱり写真や映像を嗜む者としてはどういう機材を使っているのか気になるところ。
IMG_2163

こちらは豪華賞品であります。個人的にこの中のどこかにそーっと千円札埋め込んでおきましたが、入賞選手はみつけたかな?うふふ。
IMG_2164

コンテストの間は結構自分の持ち場に真剣だったので写真がない。詳しくはelementのサイトでチェックしてみて。で、コンテスト終了後はelementの最新映像のプレミアを行いました。
IMG_2167

そしてドキドキの瞬間。
IMG_2177

海くんがでっかくなってて驚いた。賞品がいっぱい過ぎるのもうれしいけどポロポロ落ちるので困るね。常勝選手はいかにいっぱい賞品を落とさずニコヤカに記念撮影ができるか、ってスキルも磨いてみてください。
IMG_2180

最後はプレゼントタイム。これいいよね。コンテストではいつも終わり際にはこういうプレゼントタイムがありました。協賛メーカーからのステッカーやtシャツとか配ったり、選手が乗っていたデッキを投げたりしてました。すっげー楽しかった。でもいつしかなくなりました。なんでか知ってる?実はあるコンテストで「地元のコンテストでデッキとか投げられると****の**が下がる」とクレームが入ったことがあったから。ガクっとしましたが、それもまた現実です。
IMG_2187

リザルツはこちら。正直なところ、僕の予想と大きく違いました。それもまたコンテストの醍醐味であります。
IMG_2189

で、また別の日。今度はAJSAのASIAN OPENに参加するため、成田空港へ。国際線ってかなり早くスタンバるので待ち時間が多いのよ。最近はメール添付のadobeとかを出張先で開くことも増えてきてPCを持ち歩くようになりました。空港ではほぼラウンジで映画見てます。
IMG_2381

このコンテストは今年で3回目の日韓合同開催のコンテスト。僕のレポートはほぼ趣味的な偏向的なものなので、オフィシャルのレポートはAJSAオフィシャルサイトから。
IMG_2386

で、かなりはしょって入国検査。このソウル便ってのが約2時間のフライトで、離陸してちょっとしてから観れる映画が最後まで見れない。今回はSTARWARSの最新版をジッックリと。映画館で観たけど見直すとやっぱりなにか気付く。好きな映画はなんども見るタイプですが、何度見ても好きな映画は面白い。MADMAXは6回観た。それにしてもこの入国審査の列。過去一番の長さでした。
IMG_2389

珍道中ですのでやっぱり色々事件が起こります。機内にパスポート忘れたとか、両替しないで使える現金持ってない、とか。instantsタイホーはかなり落ち着いた様子。「スーツケースかっけーじゃん」って言ったら「おばさんのです」って。人のバッグにステッカー貼りすぎ。
IMG_2391

ソウルの高速は楽しいのよ。韓国は日本車が全然いない。韓国製の車とドイツ社がほとんどでたまにアメ車。日本も同じようなものですが、高速道路を走る韓国車を見ていると、実にマーケティングが日本のブランドに似ているのです。走る韓国車を見て「あれはクラウンの位置付けだな」とか「あれはビッツだな」とか。現代(ヒュンダイ)はもうモロにトヨタのブランディングと同じ。唯一違う感じがしたのはミニバンですね。日本のノアくらいのワンボックス車の需要が少ないのかあんまり走っていませんでした。バンはもっとデカイのばっかりその辺はアメリカ感覚な感じがしました。スケボーは全く関係ないです。
IMG_2396

街に着きました。大きな大学が真裏にあるコンドミニアムで、僕は中島壮一朗と相部屋です。壮一朗がまたキッチリしている男でして、もう荷物のパッキングからしてマメなのです。部屋の風呂はシャワーのみ。ま、一回目の合宿水道シャワーに比べればお湯が出るだけ天国ではありますが、ユニットバスの湯船がないので、シャワー使うとトイレもビショビショ。あれ絶対に非効率的だよね。ま、郷に入らずんば郷に従えってことで、なるべく同室の相手に不快な思いをさせないようにする壮一朗の愛を感じました。僕もどちらかというとせっかちで細かいヤツなのですが、実に壮一朗との相部屋は気持ち良く過ごせました。たくさん気を使ってくれたのでしょう。ありがたし。昔、旅好きの大学生の時に行ったタイやインドのドミトリーの無遠慮っぷりにもカルチャーショックを受けました。人の物を盗むのは盗まれるのが悪い、自分がそうでないとしても周囲の「臭い汚い」のに慣れないとバックパッカーはできません。壮一朗と過ごした4日間は一度も嫌な思いをしませんでした。ナショナリズムのシンパシーって素敵ですね。もし嫌な思いをさせていたらごめんなさい。
IMG_2399

個人的に困ったのはコーヒーでした。チヒロックのおかげさまで色々なコーヒーを飲んで自分の好みがわかってきた頃でして、元々甘い缶コーヒーは苦手ですが、ファーストフードの薄いコーヒーもあんまり得意ではありません。日本ではコンビニのコーヒーで十分満足できるコーヒー初心者ではありますが、ソウルはそういうコーヒーが全然ない。昼間の繁華街のカフェにはいっぱいありますが、早朝や夜の街では普通にコーヒーを探すのがけっこう大変。コンドのちょっと先にドリップしてるコーヒー屋さんを一軒発見し、滞在期間は毎朝お世話になりました。ちなみに好みはコロンビアやモカのように酸味があるストレート。ボディがなんとか、ってヤツはまだあんまりよくわかりません。
IMG_2401

コンドから会場に移動するのもちょっとした祭りであります。今回は約40名くらいの選手が参加する大所帯。小学生からおりますので現地スタッフのケアっぷりハンパなし。ま、現地スタッフというか園くんなんですが。切符の買い方、電車の乗り方、降り方、目的地への行き方、コンビニの行き方、もう手取り足取りのアテンドっぷり。さすがです。情熱大陸です。熱い想いがあってこのコンテストをディレクションしているので、こういうケアから熱意がにじみ出ているのです。
IMG_2409

もうこんなですから。スケボー持った日本の悪ガキが40人編成で駅地下道を闊歩するのです。みんなガン見ですよ。現地のおばちゃんやカップルもただならぬ違和感を感じていたに違いない。ま、僕らは滑りたくって滑りたくって、とにかく早く現地に! って心境です。
IMG_2415

ここが今回の会場カルトパークであります。東大門のちょっとはずれにある公園で、昔は兵士の訓練場だったそうです。近年、若者が使えるように整備され、スケートボードやインラインが楽しめるように、大きなセクションまで導入された経緯があります。今回はコンテスト用に新しくセクションが追加され、かなり面白い感じになりました。
IMG_2422

ざっくりと現地をチェックして「さあランチじゃ」ってことで東大門の繁華街へ。ここはアパレル問屋を中心にファッションマーケットが並ぶ大きな商業地。綺麗なファッションビルと上野のガード下のような雰囲気がごちゃまぜになった素敵な街です。僕は初めての街は足がガクガクになるまで歩き回る習性がありまして、前回の訪韓の際に東大門がかなりうろつき回っていたのもあって、ちょっと行きたいところにいける感じがうれしかったのであります。
IMG_2428

ハングル語は全く読めないので、こうやって観光地の日本語表記には助かります。思ったよりも街では英語が通じなくて、日本語の方がちょっと通じるかも、って感じ。若い人たちは英語を話せる人も多く、今回もASIAN OPENってことで英語のMCでコンテストが開催されるということでした。いろんな料理食べますが、やっぱり基本はコンビニなのね。もうそれはずっと前からのスケーターの習性でありまして、旅の間はなるべく現地食で行きたいところですが、今回もコンビニのサンドウィッチ2回。タコベルのセット1回、ロッテリアのハンバーガー1回、と全くダメダメないつも通りの旅でした。
IMG_2433

この肉肉しい感じ凄いすね。ソウルではおばちゃんが全部焼いて切って食べ方まで教えてくれます。ま、僕はハングルでわからなかったけど「肉食べるじゅせよ」という情熱は伝わりました。ま、手練れの先輩たちもいっぱいですので、この日の僕はマイペースで食事を楽しめました。チャミスルアタックはハンパなく、チャミスルをビールで割って飲む、みたいな、毒を持って毒を制すという流れ。ま、美味しいんだけどね。初めて味わうバナナマッコリなども混ざって、後半はちょっと記憶ない。
IMG_2437

で、ついに当日。まずはタクシーで東大門へ。ソウルのタクシーは安いです。電車の初乗りを4人分で十分タクシー乗れる。むしろタクシーの方が安い。でも英語も日本語も通じない。僕はgoogle翻訳で「右に曲がって」ってiphoneに言っている間に交差点を直進され、「やっぱり簡単なことだけは話せた方がいいね」って実感しました。
IMG_2444

セクションも増え、ちょっと重たい雲を見上げながらコンテストの準備が着々と進んでいきます。
IMG_2450

もう選手は滑りたくてしょうがない。日韓入り乱れての練習風景。
IMG_2454

なんとか用意が終わり、コンテストがスタートし、程なくして無情の雨がポツリポツリと。このイベントvs雨の戦いは僕のMC歴の中でもかなりの名勝負がありまして、会場のスタッフや選手が一丸となって復旧作業に向かう熱量で結果がかなり変わってくるのです。
IMG_2462

選手たちはテントに入って雨から避難。奇跡的に会場が復旧してコンテスト再開したのですが、なんとまさかの雨再び。
IMG_2464

僕は一度諦めました。気合い入ってスタート➡️雨で消沈➡️奇跡の復旧でぶち上がり➡️再度の雨で完全鎮火という流れ。多くの方が同じ気持ちだったかもしれません。でもね、現地のHEAPSのシンが激アツでした。「僕はひとりでもやります」と雨の中モップを持って復旧作業に取り掛かりました。周りのスタッフにも飛び火していつの間にか会場全体が復旧作業に。そしてなんと雨も上がり、コンテスト奇跡の再開、って流れ。僕のMC歴では二度の雨から復旧再開したのは初めてです。
IMG_2468

僕は日本向けのネットTVの生中継の実況でした。実況っていってもモニターやヘッドホンもないので、自分がどうなっているのか全く分からない状況で、解説の壮一朗とタッグを組んでトークの応酬。また壮一朗が的確なジャブを打ってくるのでキャッチするのも真剣でした。生中継って失敗できない割にはVでずっと残るので個人的にはちょっと緊張するパターン。
IMG_2470

これが生中継用のカメラです、普通のHDカメラに見えましたが、なにか特別な仕様になっているにちがいない。
IMG_2475

はい、こちらがリザルツ。2020年の東京五輪に向けて、女子クラスは女子で表彰することになりました。女子チャンス。まじチャンス。東京五輪は関係なく、コンテストに出てみようって理由になるじゃん。女子結構いるのにコンテストシーンには全然出てこない。昔に浅草ロックスで女子だけのコンテストのMCしましたが、当時の女子も上手な子がいっぱい居ました。みんな元気かね。ま、それはいいとして、女子チャンス。まじチャンス。ちゃんとコンテストに一回出てみて欲しいす。楽しめるのもスキルです。
IMG_2477

コンテストが終わってなんだかすごくホッとする自分が居ました。この感覚は普段のコンテストでは感じない感覚でした。気付かずに責任感を感じていたのかもしれません。雨でなんども中断されるストレスで疲れたのかもしれません、ひとりでプラプラしてなんだかお腹がすきました。
IMG_2480

コンテストスタッフで食事に向かいました。この日ばかりは選手抜きでスタッフ飲み。ま、選手はすぐ外の商店街をプラプラしてるんだけどね。入ったチジミ屋さんのお通しで出たこちらにまじビビりでありました。ホワイト西川もブラック横山も普通に食べちゃいます。5050カレーも全然平気。hibiridダイちゃんもホワイティーに「食べてみたらわかるけど全く問題ないよ」って言葉を信じてやっつけました。で、この流れ。僕も食べない訳にはいかないじゃん。ブラッキーに「本間ちゃん、見た目にとらわれちゃダメだよ」って神のお告げ級のアドバイスを頂きまして、もう逃げも隠れもできない状況に。食べましたよ。ひとつポイッと。死んじゃうかと思ったけど、噛んだら以外といけました。確かに好んでは食べませんが、鳥肌立てながらだったら3個くらいまでいけるかも。そして全員の視線はIFOプロデューサーのプロライダー中島壮一朗へ。
IMG_2482

どうなったかは本人に聞いてください。
IMG_2484

なんとブラッキー先輩は3泊4日中、3晩が朝まで飲み、って毎日じゃん。体力すげー。僕はさすがに最終日は寝るというか気絶でありまして、翌朝早朝にはノドがカラカラで目が覚めて、壮一朗を起こさないようにそーっとコーヒーを買いに出かけました。
IMG_2488

最終日は飛行機の時間までシンがパークに連れて行ってくれることになっていて、荷造りして出発です。
IMG_2490

着いたパークの側には室内スキー場や温水プールがあって、かなりスポーツ漬けのエリアでありました。この日はtacobellはやめて、misoyaのカツカレーで望郷しました。以外と日本食って食べれるところが少なく、あっても高価なケースが多くて、一番欲しかったのは松屋、次はちゃんとしたラーメン屋、そしてコンビニドリップコーヒー。
IMG_2492

misoya良かったすよ。カレーちゃんは蕎麦、ホワイティー先輩はカツ定食にしてました。
IMG_2497

プールも結構楽しそうだった、っていうか僕はこっちの方が良かったかも。
IMG_2498

いやいや、僕らはスケボーです。がっつりデッキを小脇に抱え、パーク入り口でラインを探します。
IMG_2501

プラプラした公園ではたくさんのスポットを発見するも、あとちょっとのシチュエーション不足や人通りなどのタイミングから、好きに撮影もできないのよ。でもやっぱりそいうのはタイミングね。カメラマンがカメラ持ってる、ライダーやる気、スポット極上、じゃあ撮影するか、って流れ。間違いないすね。金盛良いのでてました。
IMG_2504

お土産買いに行ったスーパー周りが結構栄えておりました。
IMG_2510

そして帰国の途へ。やっぱり最終食事はこういうの。食べたくても街で一人じゃなかなか勇気いるからね。
IMG_2513

こうやってまたコンテストを開催できたのは、実はよあそび工務店構成員のシンと、日本と韓国をつなぐ園くんのおかげさまです。

また来年も行きたいすね。来年の今頃はどうなっているかもわからないシーンが、スケートボードの魅力そのものなのであります。自由、オリジナル、スタイル、がずっとスケーターたちが追いかけてきたキーワードなんです。ゴゴゴって音を立てて変わっていくシーンがどうなっていくか見ものじゃないですか。そういうタイミングにこのシーンの端っこに居られるのはすごくありがたいことだと思ってます。全力で楽しみたい。

次の祭りは7月3日。AJSA関東アマチュアサーキット第二戦。千葉市川UNION PARKでの開催です。アマ戦では僕がMCするのは全日本を除きここだけです。アマチュアクラスはシーンの「今」と「これから」が詰まってます。また勉強させてもらいます。

今日はGo Skateboarding Dayでした。
まだの人はすみやかにスケートボードをはじめましょう。

本間

2大キャンペーンがスタート!

6月も半分が過ぎ、梅雨の雨で滑れないっといったスケーターの皆さんも多いのではないでしょうか?インスタントではこの梅雨時期もスケート欲が下がらないようなお得なキャンペーンを開催いたします!

earlysummersale2_small
雨の日限定!雨が降っている日は新作Tシャツやキャップ、パンツなど、アパレル全品(セール商品は対象外)10%OFFキャンペーンを開催します!期間は6月18日(土)〜7月14日(木)までです。各店、新作アイテムがたくさん入荷しておりますので、雨の日はスケートショップでゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか??

2016_6_18_freesticker_4_3_small_2_1
アパレル10%OFFキャンペーンと合わせまして、ご来店したお客様に必ずお店のステッカーをプレゼントするキャンペーンも開催します!こちらは6月18日(土)から関東の梅雨明け宣言まで晴れでも雨でも毎日開催しちゃいます!ステッカーを渡し忘れてしまうこともありますので、その際は店頭スタッフに『ステッカー』っと合言葉を言っていただければ絶対にプレゼント致します!

またインスタントのステッカーが貼ってるデッキは各店で無料メンテナンスを受けることができます!ベアリングオイルの補充やパーツ類の交換作業などご希望の皆さんに無料メンテナンスをさせていただきます。ベアリングが回らない、ブッシュゴムが柔らかすぎる硬すぎる、もうそろそろ交換時期ですか?などなど自分のスケートボードで何か気になることやお困りのことがございましたら店頭スタッフにご相談ください。パーツ交換やメンテナンスをして気持ち良くスケートに出発したり、スケート終わりにメンテナンスしたり、皆さんデッキを持参してご来店下さい!

明日浦安は12時から、吉祥寺、千葉は11時から、お台場は10時からオープン致しますので、皆様のご来店をお待ちしております!!!

浦安三社祭2016 6/17~19

まえだー。

明日17日~19日までの三日間、浦安では4年に1度の大祭り三社祭が開催されます。数日前からフライング気味の祭囃子やまえだーって掛け声も聞こえてきて熱気が半端じゃないです。怖い人もいっぱいです。大規模な交通規制があるので車でインスタントへご来店予定の方は土日は避けたほうがいいと思います。電車で来れば祭りも楽しめて一石二鳥。浦安がカオスになる三日間なので是非遊びに来てください。ローカルの方は担ぎ疲れたら休憩にでも来て下さい。梅雨ど真ん中にして三日間とも灼熱の予報です。ぶっ倒れないよう楽しみましょ!
160616_1

雨の日といったら買い物!

どうも、クリです!今日は残念ながら天気が悪かったですね。涙 仕事が休みだったのに滑れなかった―という方も多かったのでは?雨の日といったらお買い物でしょっという事で、本日も浦安の新入荷のご紹介です!笑

フランスを拠点に活動するMAGENTAより最新モデルが入荷しております!アメリカのブランドとは一味違うヨーロッパのアートな感じのデッキが毎回かっこいいですよね!手前から、8.125、8.0、7.875、8.0インチとなっております!コアなファンも多いブランドの1つであると思いますので、気になっているスケーターの皆様はお早めにどうぞ!
IMG_2475

NIKE SBより6月1日に発売したこちらのDUNK HI “RAW MEAT”もあと少しだけ残っておりますので、迷っている皆様は売り切れになってしまう前にどうぞ!生肉の赤身と脂肪をイメージしており、見てるだけでお腹が空いてしまう人もいるのでは?笑 アウトソールが赤というのが個人的にはかなりかっこいいと思ってます!ステーキとかBBQとかお肉大好きな肉食系の皆さんに履いていただきたい1足でありますね!笑
IMG_2478

新しいバックパックの「SHELTER BACKPACK」が各色入荷してます!今回入荷したのはグレーカーキの4カラーです。カーキはアーミーグリーンって感じの色合いです。大人気のRPM BACKPACKよりサイズは小さめですが、デッキを装着する際のホールド感が格段に向上してます!実物を手に取ってチェックして頂ければ欲しくなっちゃうと思いますよ!
IMG_2548

シューズやバッグの他にもこちらのFTM BLUE DENIM 5 POCKET Pantsも入荷中です!こちらはデニムなのにビックリするストレッチと裾を折り返すとセルビッチがリフレクターになっております。これは間違えなくちょっと折り返してリフレクターをチラ見せするしかないですね!汗 FTM CHINO Pantsと同様に左右のポケットの下にはベンチレーションが設けられており、夏でも快適に履けちゃいます!
IMG_2550

日本のブランドの1つであるN.T.Originalより瞬殺で完売してしまったこちらのLOGO ESOWデッキが再入荷いたしました!サイズは7.8、8.0インチの2サイズです!日本を代表するアーティストの「ESOW」氏が書きあげるNTO Logoなので、乗るもよし、飾るもよしな1枚でございます。
IMG_2465

デッキの再入荷に合わせて、グリップテープも入荷しております!LOGO GriptapeとTagging Griptapeも各カラー入荷してます!カラーも豊富で一目でノーズとテールがわかるので非常にオススメです!!
IMG_2466

IMG_2467

DEATH DIGITALからはクリップ・オン タイプのDEATH LENS CLIP ONのWIDEFISH EYEが登場です!こちらは従来のDEATH LENS専用ケースを付けなくてもみなさんの携帯に魚眼レンズが装着できちゃいます!家電量販店などに売ってるクリップタイプのものよりもクリップ力が強力で、まず普通に使ってたら外れる心配はなさそうです。他にもスマホ用のバッテリーであるDEATHJUICE 4KやiPhoneの音量などの操作もできちゃうDEATH BUDS、iPhoneをしっかり保護できるFULL PROTECTION IMPACT CASE(iPHONE 6/6s用)なども合わせてどうぞ!
IMG_2479

ちなみに装着するとこんな感じです!装着も簡単でクリップからレンズも外せますので、現在DEATH LENSを使用している方はお手持ちのレンズを装着することもできちゃいます!PRO KITのレンズとの組み合わせがすごそうですね!汗
IMG_2553

IMG_2480

今日みたいな天気が悪い日や微妙な日は雑誌やDVDの日にしてもいいかもしれませんね。雑誌も最新号が色々と入荷しております!TRANSWORLD skateboarding -JAPAN- ISSUE 87 2016.07月号は4月に開催された国内最高峰『ADVANCE CUP』の模様などが収録されているDVDもお付きしますので、文章も映像もどっちも楽しめる内容となっております!
IMG_2474

浦安のDVDのラインナップはこんな感じです。自称DVDマニアの僕はとりあえずスケートショップに行ったらまず最初にチェックするのがDVDコーナーってくらいDVDを集めるのが好きです。笑 ですので、メーカー完売や再入荷の予定が無いDVDは既に売り切れている作品も多いのですが、ご用意できるDVDはかなり揃っております!
IMG_2476

今一番アツいDVDはTHOMAS FILMによる最新作「MONSTER CRUISE」ですね!とにかくハンマートリック連発で国内トップレベルの滑りが見れますよ!お店でも見れますのでチェックしてみてください!!またお店にお越しの際は是非DVDコーナーもチェックしてみてくださいね!何か探していたDVDが見つかるかもしれませんよ!
IMG_2552

こちらは自宅のDVDコーナーです。貸し出し中のDVD等もあり全部合わせるともう少しあった気がするのですが、僕の自宅に来るとこの中の映像は見放題となております!笑 だいぶ偏りがありますが、僕が好きなスケートはこんな感じですねー
IMG_2542

先週は仕事が忙しく一切滑ってなかったイケメンで強靭なポップ力がハンパない舞浜ローカルの関ちゃんが半年ぶりくらいにお店に来てくれました!デッキをゲットして滑りに行かれましたが、久しぶりのスケートで怪我をしないか僕はちょっと心配でしたねー笑 また舞浜で一緒にセッションできることが楽しみですね!!!
IMG_2463

6月4.5日の週末は珍しく土日で休みだったので、クラフトビールが楽しめる小岩のシシボーンに久しぶりに行きました。オープン半年記念で、とあるチャーシューを使ったメニューが週末限定があったので、僕も限定メニューをいただいちゃいました!チャーシューのジャンクな感じが最高で、10個くらいは食べたかったですねー笑 個人的にはもっと食べたいので復活してほしいと願っております。笑
IMG_2428

IMG_2415

これも6月4.5日の週末の出来事で、浦安で密かに開催されている『浦安ラーメンリポート』に初めてゲストをお招きしてリポートに行きました。笑 ゲストはヒロッチさん、ベンくんのお二人でどちらもビール好きなので、以前リポートしたお酒も楽しめるお店に二人を案内したところ、かなり好評でした!もう5、6件は多分リポートしているので、そろそろブログでもリポートの様子をお伝えしようかなっと思ってます。笑
IMG_2419

去年の10月にinstantスタッフで遊びに行った長野県の茅野パークのローカルのDVD『ホビーショップ』最新作を僕の中では今回の作品の主演スケーターであるローカルのオグマさんより頂きました!茅野パークに一緒に行ったアキラくんと浦安でチェックさせていただきましたが、内容が濃く充実しており、出演しているスケーターの皆さんのすごく楽しそうに滑っている姿を見て、また茅野パークに行きたくなってしまいました!汗 僕は遊び程度ですが映像の撮影や編集も少しやってまして、フィルミング意欲がすごく沸いてしまっております。最高の作品ありがとうございます!次回の作品も楽しみです!
IMG_2435

映像製作の意欲が湧きまくってしまったので、急にフィルミング用に一台クルーザーが欲しくなってしまいました!どんなセッティングで組むかを考える時間が楽しく、今回はarukunaのデッキACEの黒HARD LUCKのHARD SIXSPITFIREのCHARGERS CONICAL 80HD blackでカラーを黒にこだわったパーツ選びで組もうかなーっと思ってます!完成が待ち遠しい!笑
IMG_2477

1年ぶりくらいにバイクをピカピカに洗車しました。しっかり洗車して、ワックスもかけて1時間半くらいかかりました。汗 傷はいろんなとこにあるし、フロントフェンダーは割れていて洗車しませんでしたが、現在の走行距離は35000km!遊びに行くにもスケートに行くにも1年中このバイクで移動しまくっているので、まだまだお世話になる相棒です。バイクに乗るとお酒は飲めなくなってしまいますが、スケートの行動範囲がすごく広がるので非常にオススメです。
IMG_2523

浦安の地域全体で6月17~19日に行われる浦安三社例大祭に向けて準備中です!4年に1度のお祭りなので、1か月前くらいから浦安全体でお祭りムードです。僕はお店で働き始めて今回が初めてなので、どれくらい盛り上がるのかが気になります!
IMG_2539

明日は天気も良さそうなので、滑ろうと思っていたスケーターの皆さんは滑りまくっちゃいましょう~ かなり暑いので、水分補給と適度な休憩を忘れずに!現在、各店で開催中のセールTシャツ祭りもまだまだたくさんのTシャツがございますので、是非店頭にお越しの際はチェックしてみてくださいね!明日も皆様のご来店をお待ちしております!ではでは。

Jim Houser

enjoiから面白い板が届きました。

まずこれはHip To Be Squareと名づけられたセルフカットの板です。トップ面に書いてある点線に沿ってカットすればあなたの好きなシェイプの板が完成しますよ!という二度手間デッキ。流石enjoiですね。発想がおもしろいです。もちろんカットしなくてもこのままの状態で乗る事もできます。幅が8.375あってスクエア型のシェイプなのでとりあえず乗って一通りぐちゃぐちゃにした所でリシェイプするのがいいかもしれませんね。リシェイプ初心者の方も安心してカットできる点線付きデッキ!

TEAM HIP TO BE SQUARE ¥10,500+消費税
160610_2

お次はゲストアーティストシリーズ。今回はタイトルにもあるように「Jim Houser」さんによるアートワークの板です。フィラデルフィア出身のジム・ハウザー。彼自身もスケーターでありToyMachineやRVCAなどにアートワークを提供している。彼の作品はフィラデルフィア美術館の保存コレクションに含まれており、その傍ら音楽活動なども行う多彩なアーティスト。今回こちらのコラボデッキは本国アメリカで即完の商品になったそうです。だそうです。実際僕も何度も見た事がある絵で今回の入荷でちょっとディグってみたらかなりすごい人みたいですね。アメリカではかなりの人気があるアーティストだそうで、RVCAのANPチームにも入っているのでもうお墨付きですね。

Luie Barletta JIM HOUSER 8.25インチ ¥9,500+消費税
Caswell Berry JIM HOUSER 8.25インチ ¥9,500+消費税
Jose Rojo JIM HOUSER 8.0インチ ¥9,500+消費税
160610

Rodney MullenとMarc Johnsonが筆頭となって立ち上げたenjoi。もう2人ともブランドにはいなくなってしまいましたがその印象が強い方もまだいる事でしょう!このコンプリートセットはそのRodney Mullenのゲストコンプリートボードです。やっぱりミューレンと言ったらフリースタイル用のデッキですね。フリースタイルの板はストリートのと違って、まぁこんなんでいいっしょ的なスケーターのりがききません。レイルスタンド系のトリックがやりやすいように横の面をぴったりと合わせる必要があります。その全てを最初から揃っているのがこいつ!ノーズの立ち上がりも無くデッキサイズも7.375インチと細めでこれからフリースタイルを始めたい人やセッティングに迷っている人に是非オススメ!enjoiから出るミューレンのデッキっていう意味合いがぐっと来る一枚!

Rodney Mullen FREESTYLE 7.375インチ ¥16,000+消費税
160610_1

後はおまけコーナー。enjoiのパートで俺が大好きなのがこれ。2人ともenjoiにいないけど俺はこれが好きなんで。。。

69

ロッケンロー!

今日はロックの日です。スケーターは音楽好きな人多いです。ロックやヒップホップ、レゲエなどなど。今日はロックの日って事でロックが「好きそう」なスケーターのパートをピックアップ。実際にバンドやってるスケーターも多くTHE GOATやARCTIC、BAD SHITなどReynoldsやFIGGY、Jakeなどが仲間とやっているバンド。Tommy Guerrero、Ray Barbeeらが率いるBLACK TOP PROJECTやMatt Hensleyが参加するflogging mollyなどワールドワイドに活躍するバンドもあります。俺もいつか皆と何か音楽やりたいって思うけど飽き性かつめんどくさがりなのでスキルが伸びない。だからスケボーがここまで上手になれたのは俺的にやばい。まだうまくなりたいって思うしね!そんなんはどうでもいいとして、今日の本題は俺の好きなスケーターをピックアップしたオススメYoutube!雨降ってて滑れなかったら家でだまってYoutube!晴れた隙を狙ってプッシュしまくり!

ぱっと思い浮かんだ3人選んだらこりゃあメタルですね。まぁいいか。かっこいいし。

あとUNIONで開催されたMICの映像もアップされているのでチェックしてください!メインのパークセクション以外にも夕方からフラットゾーンも開放されているので雨で難民中のスケーターはすぐユニオン!又はYOUTUBE!!!